HOME | 作品 | 透庭の家

透庭の家

建築家

柏木 学

柏木 学

カシワギ・スイ・アソシエイツ

柏木 穗波

柏木 穗波

カシワギ・スイ・アソシエイツ

他の作品を見る
  • 石川県小松市
  • 専用住宅
  • 夫婦+子供2人
  • 設計:3ヶ月
  • 工事:6ヶ月
  • photo:上田宏
プレゼン・設計・工事においての感想

約1年ものプランニングの中で、土地取得、ローン、設計等、細かな面まで親身になってお手伝いして下さり、満足のいく家造りが出来ました。

コンセプト

石川県小松市。JR北陸本線の線路に面した敷地に建つ住宅です。格子戸を開け、土間から透庭(とおりにわ)に抜けると、LDK一体の吹抜空間が「ハレ」の場として、筒状に広がり、2層の和室から奥の庭へと視線が抜けていきます。

両袖の壁面内部は、「ケ」の場として、階段、個室、書斎、水廻り、収納、戸袋といった日常的な場がすべて納まっています。2つある階段によって空間に回遊性が生まれ、「ハレ」の場では、様々な情景が繰り広げられる・・・そんな豊かな「家族の舞台」を持った住宅です。

2つの庭に面した大開口、吹抜上部を帯状に走るトップライト、階段室に上部から光の注ぐ丸い天窓・・・線路と道路に挟まれた敷地条件の中で、光と風にたくさんこだわった住宅といえます。

構造
主体構造:木造
基礎:ベタ基礎
規模
地上2階
敷地面積:146.07m²(44.26坪)
建築面積:76.05m²(23.01坪)
延床面積:130.86m²(39.59坪)
屋根
シート防水
外壁
軽量モルタルの上リシン吹きつけ
リビングダイニング
床:レッドパイン無垢フローリング
壁:塗装クロス 一部 シナ合板
天井:ビニールクロス
主な使用機器
キッチン:TOTO
衛生機器:TOTO
ASJ金沢スタジオより

何と言っても施主様と建築家との出会いです。

『雑誌に掲載の建築家がイベントのチラシに載っている』夫婦はさっそくイベントへ・・・。

1年以上かけて100件近くの土地の物件を調べ、かの地へ決めました。

建築家に購入敷地を視てもらい、早々設計へ。

この時点から建築家の頭の中には、近接するJRと交通量の多い駅前通り、近くのホテル、隣地の将来像とお向かいさんの庭、遠くに見える白山などがインプットされ、デメリットさえメリットに変える様な設計作業が進み、打合せのたびに施主様にご了承をいただきました。

施工の方は石川県の方言で「わけにいかんわ」の連発ですが、
きびしい設計管理をパスしつつ正味6ヶ月を費やしお引渡しをいたしました。

施主様には「どなたでも家を見に来てください」とおっしゃって頂いております。

柏木ワールドへ是非皆様も。

ページトップへ戻る